FC2ブログ

記事一覧

トランプ大統領が結んだUSMCA

トランプ大統領がアメリカの国際収支の改善に向け、しゃかりきになっている。加えて対中国では、知的財産権の侵害やら、外国(アメリカなど)企業に対する自国企業との間の、不平等な扱いの問題も槍玉に挙げていた。北と南の隣国との収支問題にも手を付けている。以前からこき下ろしていたNAFTAを止めて、“USMCA”と言う新しい条約を結んだ。これは条約に当るから、3ヶ国それぞれの議会での承認が必要である。NPRは、このUSMCAのメ...

続きを読む

アメリカインディアンの選挙権

アメリカ大陸の原住民、いわゆるインディアン(Native Americans)は、彼らの用語ではAmerican Indian & Alaskan Native(AIAN)といい、その種族は今日、連邦政府が公的に認めているだけで500あり、人口は5百万超とされる(かつては、20百万人以上が住んでいたという)。彼らの生活はどうなんだろう。全体として、圧倒的に貧乏である。ホームレスの人も、その他のアメリカ人一般に比べ、5倍くらい多いという(Urban.orgより)。そ...

続きを読む

Trump-Russia dossier

アメリカのメディアで騒がれているのが、Trump-Russia dossierである。これには前半(2015年10月~2016年4月)と後半が存在し、前半は、2015年10月に保守で反トランプの政治団体に属するウェブサイトWashington Free Baconから依頼された、アメリカの諜報会社Fusion GPSにより作られた [1]。しかし2016年4月に、トランプ氏が共和党の大統領候補になりそうになると同時に、Free Baconは資金を出すことを止めた。その後に出来たのが...

続きを読む

Affirmative Actionとアジア系アメリカ人

アメリカでの生存競争は、無論厳しい(アメリカンドリームが今や、かなり多くの人の手の届かない処に行ってしまった)。もう1つ加えて、人種による差別(同点数なら、黒人などが優遇される“Affirmative Action”と言う扱い)がある。10月15日発効日の「ニューヨーカー」は、そうした話の一例である。この記事は、ベイ・エリアのハイスクールで、2012年卒業を控えたアジア系(中国系)と見られるMichael Wang君の話しから始まる。ア...

続きを読む

破産申立て寸前まで行ったニューヨーク

今を去ること43年前、世界一の都市ニューヨーク市は、正に破産寸前の状態に直面していた。10月17日午後4時に当時のお金で353百万ドルの債務証書の期限が来るのだが、前日になっても金庫には34百万ドルしかなく、全く目途が立っていなかった。それなのに前日10月16日の昼には、57丁目のWaldorf- Astriaホテルでは、1700人の有名人らが着飾って集っていた。前市長Alfred Smithの財団設立を祝うためである。そこには無論、前市長、現...

続きを読む